読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せの閾値が低い人生

激務薄給ならぬ“ゆる務薄給”でも楽しく生きていきます

ズッキの卒業に満面の笑みと祝福を捧げたい私

ズッキの笑顔が大好きだ。
くしゃっと笑った顔が本当に可愛いし、見ているこっちが幸せになる。
そんな幸せをくれるのがアイドルだと私は思う。
彼女は紛れもなくアイドルだ。アイドルだった。


ズッキの卒業が2月に発表されてから、実感があるようで、ないまま訪れた、2016年5月31日。
モーニング娘。'16 コンサートツアー春 ~EMOTION IN MOTION~ 鈴木香音卒業スペシャル in 日本武道館
二ヶ月前から希望休を取っていたのにチケット一般発売を逃したので(ばか)、ライブビューイングで彼女の卒業を見届けることにした。
娘。のLVはれいな卒コン以来。それが初めてのLVで、その時は空席も結構あり、私はサイリウムも持たずに大人しく鑑賞していた。今回はちゃんと持参して、満席のバルト9で鑑賞。いつもは橙を振るけど、今日はズッキ卒コンなので、緑にしてスタンバイ(むすめん。サイリウムだったので、見つかって叩かれたらやだから、こそこそ振った)。

 

さて、何から書こう。
会場がバルト9なのは分かっていたので、慣れたものよと地図も見ずに進んで行ったらピカデリーだった話でもする?

 

いやー、びっくりしたね。
小田急線から地下改札通って新宿東口方面出て、アルタより一本向こうの道だからと地下通路をちょうどいい出口で上がって、ぱっと看板見たらピカデリーだったんだもの。
あちゃー、マルイの上の映画館の方がバルト9だったかー、って。
私、上京してきた人間だけど、学生時代は新宿がお出かけ先だったし、なんてったって以前は東京23区民だったし、バルト9くらい今更地図見なくたって行けるわよ、いやー東京にかぶれちゃったなー私ー、って、思いながら行ったらピカデリーでしたよ。
びっくりしたね。全然かぶれてなかった。

で、まあ、そんなこんなあったんだけども早めに出ていた甲斐があり、スクリーンに到着して着席したくらいでオープニングアクトが始まった。ちょうどいいタイミングだった。

 

まずはつばきファクトリー、演目は「私がオバさんになっても」。
森高は父が好きで私も小さい頃よく聞いていたので、時が経ち人が変わっても歌われててなんかいいなぁって思った。
つばきちゃん達はまだそんなに詳しくないけど、よいパフォーマンスでした。

 

続いてこぶしファクトリー、「チョット愚直に!猪突猛進」。
OPAであったらいいなぁと思ってiPodで聞いていたので嬉しかった。
こぶしちゃん達のパフォーマンスを生で見て(スクリーン越しなので、生ではないんだが……)ひしひし感じたのは、やべえな井上れいれい。脅威の中3だな。ってことでした。
歌唱力ぱねぇっすまじで。顔はタイプじゃないんだけど(綺麗だともちろん思う)、素直に賞賛。
野村みなみはあまり特徴的ではないけど、様々なスキルが優等生な気がしていて、なんか気になってきている。
ハロプロ内でも結構好きなグループなので、今後も気にしていきたい。

 

そして間もなく開演。


初っ端から5曲のメドレー。
One Two Three、愛の軍団、恋愛ハンター恋愛レボリューション21Tokyoという片隅
そしてどぅーは相変わらず3曲目で既に汗だくだった。ほら。

blog.livedoor.jp

どぅーの汗はべたついてなさそうで爽やかでほんと綺麗だよなぁって思う。全然浴びれる。私は今気持ち悪いことを言っています。

 

続いて、The Vision、すべては愛の力、女が目立ってなぜイケナイ、君の代わりは居やしない、Mr. Moonlight。
君の代わりは居やしないは、恐らくそんなに人気曲ではないのではないだろうか。いや分からないけど。
でも私は好きなんだ! MVも好き!

www.youtube.com

 「魂」とか、カタカナで「ニッポン」とか書いちゃう感じとか、正直苦手なんだけど、それを差し引いても余りある好きさ加減。
どぅーはかなり髪が短い時期だが、それがかっこよくて似合っている。道重のおさげがかわいいし、だーいしの茶髪ポニテもすごくいい。
そんなこの曲ですが、やってくれるとは思っていなかったのでとても嬉しかったです。

 

そしてみすむん。
嬉しかった……!
思い出して嬉しさに浸るくらい嬉しかった。
ハロ!ステで見て、感動して、どぅー推しで本当に良かったと歓喜した私。

youtu.be

(5'50"くらい~)
元々当時のみすむんのよっすぃ~に惚れた私だけど、そのポジションを愛しのどぅーが、と思うとそれだけで嬉しい。
見られてよかった。すごく嬉しかった。
上に貼った座間公演は荒削りだったけど、まりあもどぅーも歌がうまくなっていた。
例のシーンはズッキどぅーでもうもう幸せ。もうもう。俺の一推しと二推しですよ!


MCを挟んで、数グループに分かれて4曲。
声、乙女のタイミング、YAH!愛したい、愛して愛して後一分。
すいません私は勉強不足なのであまり聞いたことありませんでした。こうやってセトリ調べて、タイトル見ると、ああそうかそうかiPodには入っているなぁ、と分かるんだけど……
ちなみに「愛して愛して後一分」のメンバーはよかった。野中ちゃんが歌うまかった。


そして後半戦。
青春小僧が泣いている、Help me!!、そうだ!We're ALIVE、踊れ!モーニングカレー、OK YEAH!、
The摩天楼ショー、君さえ居れば何も要らない、わがまま気のまま愛のジョーク、みかん、What is LOVE?……

右隣のサラリーマン、「The摩天楼ショー」の時のサイ振りが一番板についていた。分かる……分かるよ……名曲だよね……としみじみ感じていた。その他の振りでも勝手にシンパシーを感じていた。

わき愛好きなんですよほんと。曲としても好きだし、MVも好きだし、ライブでも好き。私はこれまで何度「愛されたい! 愛さーれたーい!」と(控えめに)叫んだことか。(いつか絶対大声で叫びたい)

What is LOVE? もいい曲ですよね。歌詞に私は元気が出ます。
ラスサビ前の ♪ Is it necessary? が、さゆ卒業後はどぅーの歌割りになっていたことはYouTubeで予習済みだったので、その瞬間は固唾を呑んで見守っていた。そして痺れた。じーん。


そしてラストは、ズッキが「私から始まるこの曲」と言い、Oh my wish!
Oh my wish! の発売に際し、ズッキとどぅーのWセンターだということを知った時、私は、おお、神よ……! と両手を握りました。
神よ……遂にこの時代が来たのかと……。
でもそれはあっという間だったんですけどね。痩せズッキは束の間だったし、卒業してしまうし。
でもそれでも、娘。の歴史にズッキどぅーは存在を残したわけですよ。そんな曲なんですからもちろん大好きに決まっているじゃないですか。
それがラストに歌われて、もうさっきから私ずっと嬉しいっぱなし。

 

そして一度終幕。


熱い香音コールを受けて再登場したズッキは、ひまわりが一面にあしらわれたドレスを召していた。
ズッキのひまわりドレス本当に美しかった。
泣いた。泣いたよおれは。
あの瞬間、ああ彼女は世界一美しい女の子だと確信した。
ぽちゃぽちゃして、二重あごで、加入当初は細くて可愛かったのにどんどん大きくなっていって、(恐らく無理な)ダイエットで痩せたんだけど結局元に戻っちゃって、ていうか元以上になっちゃって、卒コンだけどぽちゃぽちゃしていて、決してアイドルとして世間一般には評価されないんだろうけど、
彼女は今世界一美しく幸福な女の子だと強く感じた。
小さい頃から見てた親戚の子がお嫁に行くようで、泣いてしまうけれども、彼女の将来を心の底から祝福した。
卒業は、娘。として、アイドルとしてのズッキがいなくなってしまうこと、で、それはファンにとっては寂しく悲しいことだけれど、ああ、この先を応援したい、娘。から旅立つあなたの姿を見送れて本当に幸せ、今後の人生がどうか素敵なものになりますように、と、祈った。

ズッキらしい温かな内容の手紙を読み、Never Forgetを歌って、少し涙ぐむズッキの姿に私の涙腺が緩む。
ああ泣いちゃう、やだ泣いちゃう、と思ったけど、右隣のサラリーマンも、左隣のお姉さんも泣いていたので、私も安心して泣いた。

 

泡沫サタデーナイト! と愛あらばIT'S ALL RIGHTで締められて、
湿っぽくない、ズッキの門出をお祝いできる明るい卒コンだったなって思います。